会津屋(デックスお台場のたこ焼きミュージアム)

しげにいウマめし
しげにいウマめし
永松茂久
by 永松茂久

質問。あなたはたこ焼きの発祥をご存知だろうか?

たこ焼きは昭和8年、大阪の今里ってとこでうまれた。

その元祖の店の名は「会津屋」。

 

「大阪なのになんで会津やねん!」

と突っ込みたくなるが、この初代の遠藤留吉さんが会津出身だからこの名前らしい。

ちなみに一説では、ヤンキー漫画「クローズ」のモデルになったのがこの人の出身地である会津坂下にある高校との噂もある(これは本文とは全く関係のないことだが)。

 

もともとたこ焼きの元祖はラヂオ焼きって言って、子供のおやつだった。

ある方が

「浪速は肉かいな。明石はたこ入れとるで」

と遠藤さんに言った一言をきっかけに、会津屋のたこ焼きが完成したとのこと。

 

さて、このたこ焼き。東京の人は結構びっくりするけど、ソースがかかってない。

鰹節や青海苔もなし。

紅ショウガもない。

入れるのは、生地とタコと天かすだけ。

けど、この生地にしっかりと出汁が効いているのだ。

 

僕はもともとたこ焼き小僧だった。

関西をずっと旅しまくっていた。

そこでこのたこ焼きをはじめて食べたら感動。

それからというもの、ここのたこ焼きが食べたくて、わざわざ大阪に行っていた。

「東京で食べたい!」

と思っていたら、なんとデックスお台場っていう商業施設の中に入っていたのだ!

ちなみにこれをプロデュースしたのが、20年前からずっとお世話になっている、宇宙でただ一人のたこ焼きストである熊谷真菜ちゃん(現在は日本粉もん協会の会長)。

うれしすぎて真菜ちゃんにお礼を言った。

 

お台場からレインボーブリッジ、東京タワーが見える贅沢な景色の中で食べる会津屋のたこ焼き。

ロケーションも味も完璧。

大切な方とぜひ愛を語り合いながら、このたこ焼きを食べて欲しい。

ちなみに粒が小さく、12個入りでは少ないので、20個入りがオススメ。

 

会津屋

東京都港区台場1−6−1 デックスお台場4Fたこ焼きミュージアム内

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

    11月 2019
         1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    « 10月   12月 »