【うま飯】広島のうまいもん、ご紹介。

しげにいウマめし
しげにいウマめし
永松茂久
by 永松茂久

さて、今週のうま飯いこう。

えーじつは仕事で広島に行ってきた。

広島、この地は僕にとってもとっても思い出のある地。

僕の最初の仕事はたこ焼き屋だった。

そのたこ焼き屋に欠かせないのがソース。

広島にあるソース屋さんが多大なる応援をしてくださったおかげで、僕は無事にたこ焼き起業をすることができたと言っても過言ではない。

もうお分かりかと思うが、その会社はオタフクソース。

いまや広島を代表する全国区企業のひとつだ。

 

そのグループのトップである佐々木茂喜社長が僕にとっての大恩人。

今回の広島は茂喜兄貴に会うという目的がひとつ。

 

2つ目が広島の史跡巡り。

そして3つ目の理由が、はい、このうま飯。

 

僕は全国いろんなところに行ってきたけど、正直、広島の食べ物が全国でトップ3に入るくらい好きだ。

ということで今回も一気にご紹介。

 

広島といえば、何と言ってもお好み焼き。

今回は2件行った。

まずは広島の3大巨頭と言われる店をふたつ。

 

みっちゃん。

この店の店主であるいせみつおさんは、ミスターお好みと言っていいほどの人。

戦後焼け野原の広島の地に屋台からお好み焼きを立ち上げた人。

最初は生地にキャベツを入れてくるっとくるむ簡単なおやつだったものが、だんだんと発展し、今の形になった。

この人こそが、その立役者と言っても文句を言う人はいないだろう。

以前、オタフクさんのお好み研修でみっちゃんの会長からとってもかわいがってもらったことがあるが、そのとき「毎日お好みを食べる」と言っていた。

御歳80歳。

いまもお元気。

さすがヘルシーフード。

会長、おかげさまで元気にやってます。

 

さて、この店のお好みはどちらかというと麺パリタイプ。

しっかりと麺をラードで焼きこむことによって、外側に「パリッ」という食感が生まれる。

とにかくこの店が広島焼きのスタンダード。

 

最近、駅中の新しい商業施設「ekie(エキエ)」に移転した。新幹線口を降りたところにあるのでぜひ。

 

さて、次もこれまたエキエの中にある有名な

麗ちゃん。

この店も歴史は長い。

みっちゃんと同じくらいかも。

しかもみっちゃんと並び。

味は当然うまし。行列はこの店が一番長いかもしれない。

いついっても素晴らしいなと思うことが、とにかくスタッフさんたちが数ある注文を丸暗記しているということ。

ホールスタッフが暗号のような言葉を発すると、担当がそのままお好み作りを始める。

イカ天、エビ、チーズなど、広島お好みは具材をいろいろ入れることができるんだけど、その組み合わせがバチッと頭にはいっている。

あれはひとつの芸だ。

動画。
↓↓↓

味。完璧。

この店のお好みは味付けが濃い方。一緒にお酒が進むお好み。スタッフさんたちの動きはアジアを感じさせる。

 

本当はその横にあるミシュラン

「いっちゃん」

も紹介したかったけど、あまりにも食べすぎて寄れなかったからまた次回のお楽しみ。

 

 

さて、次はつけ麺。

広島はうまいもんが多いけど、僕が大好きなのが広島つけ麺。

新天地公園の裏にある唐々亭。

とにかくここの出汁が好き。

これに唐辛子を入れて辛さを調節できる。

普通が10倍くらいだけど、僕はいつも100倍。

一緒に行った佐々木茂喜兄貴は3倍で

「辛すぎ!」

と泣いていた。

僕の食べているものはどうやら食べ物には映らなかったようだ。

ちなみにこの店は全国発送がある。

ホームページで調べてみてね。

僕のおすすめは50倍。

 

 

もう1店舗行った。

茂喜兄貴から連れて行ってもらった

「rumors」

というバーラウンジのママから教えてもらった店。

「冷めん屋」

平和公園前の川を渡ると宮島行きの遊覧船乗り場がある。

ここから30秒くらい。

この店は広島で2番目につけ麺を始めた店らしい。

 

うまい。

ここは麺がうまい。

辛さは一番辛いやつを頼んで、そのあとラー油を5杯追加した。

これは店のお兄さんかお姉さんに「辛さ追加!」と言うと追加してくれる。

この店も全国発送があるからぜひ頼んでみて。

 

 

最後に紹介したいのは焼肉。

 

駅の新幹線口を降りてとことこ光町ってとこに歩いて行くと、はい、見つけました。

街焼肉。

名前は「焼き焼き亭」。

ここに「コウネ」って商品がある。

広島の美味しい店には必ずあると言っていいほど有名なのに、県外の人にはあまり知られていない広島名物であるコウネ。

一頭でわずか2キロしか取れない希少な部位。

牛の前足の脇から胸あたりの部位。

 

「コウネ」とは「炎の肉」という意味。

焼くと必ずこうなる。

動画。
↓↓↓

手をやけどした。

気をつけて焼こう。

女性は一緒に行った男性に「焼いて」と頼もう。

 

現在、海外からの観光客、インバウンド率が日本トップ5に入る広島。

その中でも白人率は日本一。

原爆ドーム、平和公園、安芸の宮島、厳島神社…。

そしてうまいもん。

ぜひ広島に行ったときは、うま飯をまわってみて欲しい。

 

今日も読んでくれてありがとう。

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

12月 2019
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 11月   1月 »