【出版】媚びずにもっと本音で書いてみよう

本を書こう。
本を書こう。
永松茂久
by 永松茂久

現在きずな出版から出す新刊の執筆中。

発刊は11月末予定。

テーマは「30代」

初の年代本だ。

今回はかなり本音の本に仕上がっているような気がする。

執筆中に思ったことをちょっと書いてみる。

 

ここまでたくさんの本を書いたり

たくさんの人の前でお話をする経験をさせてもらってきた。

正直、本音を言うと、どこか発信の中で、媚びてきた部分もある。

 

なるべく本音でいろんなことを伝えようと意識はしてきたが

「100パーセント本音で言ってます!」

と胸を張ることはできない。

 

ベストセラー『嫌われる勇気』の中で

「自由とは嫌われることである」

という言葉がある。

 

最近久々に読んで反省した。

 

「こんなこと言ったら嫌われるかな」

「ここまで書いたら売れないかも」

 

なーんて、そんなことを心のどこかで計算しながら書いたときもある。

もちろん僕は伝え人をビジネスとしてやっているから

正直売れないと困る。

 

けど、だからと言って

ただ耳障りのいい言葉だけを並べた本で

仮に大ベストセラーになったとしても

どこか心が自由じゃないような気がする。

 

仕事は違うかもしれないけど、おそらくあなたも

いまの仕事に対する自分のあり方

ってことを考えたことってあるんじゃないかな。

 

もちろんだけど本を出すということは、

一緒に作ってくれる出版社や編集者さんがいてくれるということになる。

 

「売るための本を作るのか?それとも伝えるための本を作るのか?」

 

やっぱりこの話はいつも話題になる。

 

もちろんビジネスだから売れることを頭におくことは大切なこと。

でもだからと言って

売れるものなら何でもいい

とか

読者ウケを狙うために自分の意見を押し殺す

というのもどうかと思う。

本当にこのバランスは難しい。

まさに自分の行き方あり方を問われる。

 

おかげさまで、僕は10万部や20万部を超える本を

これまでに何作か出すことができた。

10万部まではいかなくても

3万部、5万部、8万部

まで行く本を出すこともできた。

本当にありがたい。

 

けどいま振り返ってみると

それらの本は全部

 

「売ることより、伝えるための本をつくろう!」

 

と誓い合った編集者さんたちと作ったもの。

つまり自分の本音を書いた本だ。

 

本音だから人に伝わったのか

もしくは本音だから行間にエネルギーが乗ったのか

 

いまでも正解はわからない。

 

でも書いた側のエネルギーを

読者は読み取る力を持っている。

 

だって読む人たちは

「書くプロ」

ではなくても

「読むプロ」

であることはまちがいないのだから。

 

「売れたらいいなー」

これからもそんなことは心のどこかで

少しは考えるかもしれないけど

本やメディアではできる限り本音を書いていきたいと思う。

伝え人としての自由を手に入れたいから。

 

だからひょっとするとこれからも

本やメディアを通して

耳障りの良くない言葉とかも

思わず発信してしまったりするかもしれないけど

そのときは

「こんな考え方をする人間もいるんだな」

くらいで流してほしいと思う。

 

日本という国は、昔から建前を大切にしてきた民族。

 

だからどうしても

「本音でいこう♪」

と言われても

「そんなことできれば世話ないよ」

とあなたは思うかもしれない。

 

実際に僕もメンターや先輩方から本音でと言われて

そう思ったことだってたくさんある。

 

ただ、いろいろ学んで、たくさんの生き方を知っていけばいくほど、

本音とはどうやら自分の生き方に直結する

ということがわかってきた。

 

自分の本音を知ること。

 

そして自分の本音を理解し

共感してくれる人に出会うこと。

 

これこそが自分自身の人生を

さらに豊かなものにしていくようだ。

 

いきなり本音100%なんか目指さなくてもいい。

 

いまよりほんの少しだけ

自分自身に正直になって見ることが大切なんじゃないかなと僕は思ってる。

 

さて、新刊。

ここからのラストスパートも本音で書こう。

 

いくぞー。

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

    11月 2019
         1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    « 10月   12月 »