【出版】無事執筆終わりました。そしてダブル増刷決まりました。

本を書こう。
本を書こう。
永松茂久
by 永松茂久

2020年1月2日。

次男と生で箱根駅伝を見に行った後、執筆開始。

この日から僕は新刊の執筆のために「精神と時の部屋」に入った。

そして今日、新刊原稿完成。

出版社さんにさっき脱稿した。

執筆のため、携帯は一切封印。

久々こんなに集中した。

 

終わってみるといろんなお知らせがたくさん。

「人は話し方が9割」が9刷り10000部、「30代を無駄に生きるな」が3刷り3000部の増刷の連絡あり。

おかげさまで2冊同時に年明けに大量増刷が決まった。

すばる舎さん、きずな出版さん、本当にありがとうございます。

「人は話し方が9割」は出版おろし会社トーハンさんのビジネス書ランキングでも8位にランクインした様子。

堀江貴文さん、前田裕司さん、落合陽一さんといった、現代のビジネス書のトップ著者たちの中に並べて光栄だ。

 

そして原稿の手渡しと同時に、今日、笑えることが起きた。

脱稿で忙しい僕の代わりに、我が家の「とら」「さくら」を散歩してくれてた事務局美智から電話。

どうやら二人のプードルが麻布で声をかけられたらしい。

番組名は『笑ってコラえて』。

なんでも犬のコーナーらしい。

僕はテレビを見ないからしらなかったけど、撮影班が翔ルームまできて取材。

出るか出ないかはわからないけど、なんかおもしろかった。

 

でもまずいま一番嬉しいのは新刊の原稿の脱稿。

全国発売は2月中旬に決定。

表紙もあがってきたので、近々リリースします。

 

この2月の新刊をのぞいて、上半期残り3冊。

オンラインサロンの新規オープン。

コーチングプログラムと出版カレッジの開校など、怒涛の上半期。

仲間たちと力を合わせてがんばります。

2020年もよろしくお願いいたします。

執筆が終わったので、明日からぼちぼちメディア再開します。

感謝。

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

    8月 2020
          1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       
    « 7月   9月 »