日本人による

日本人のために誕生した、

日本初

「MADE IN JAPANのコーチング」

 

 

コーチングという言葉は、イギリスの馬車を語源としています。そして海を渡り、20世紀後半からアメリカでコーチングビジネスが普及し、21世紀の初頭に日本に本格的に入ってきました。

コーチングスクールは日本語に訳すと「塾」という意味になります。 しかし、時間を経て、人間は人を導く新しい機器を開発しました。それがナビゲーションシステムです。

ナビゲーション付きの車と、ナビゲーションなしの車では、どちらが目的地に着くのかは明白です。 しかしながら、「コーチングってなんだかよくわからない」「コーチの資格を取ったけど、具体的にビジネスとして成り立たない」最近、こうした声をよく聞きます。この原因は、欧米と日本の根本的な違い、つまり国民性です。自分の意見やスタイルを明確に打ち出す欧米人のプログラムが、自分の主張を控えめにする日本人には適していないのです。

これが日本で欧米流のコーチングが根付かない原因です。 「一台の車にひとつずつナビゲーションがつく時代になった。ここからは一人につき、一人ずつのコーチングナビゲーターを搭載する時代にしなければいけないんだ。人生にナビがあれば、多くの人が人生の迷路に迷わなくてすむようになる」 永松茂久がいつも口にするこの言葉をきっかけとして、永松式コーチングが生まれました。 

永松式コーチングは、欧米流に頼ることなく、これまで数多くの日本人が作ってきた世界に誇れる精神性の研究、そして永松茂久がいままでつくってきた実業、出版、講演、を土台として、学ぶ人の成功に徹底的にフォーカスしてプログラム化されました。 

日本人による日本人のために誕生した、日本初「MADE IN JAPANのコーチング」です。

こんな方へ

  • 欧米式ではなく日本人に合ったコーチングを学びたい
  • 人の人生をナビゲートできるコーチになりたい
  • 単なる資格取得ではなく、本格的にビジネスとしてコーチ業をしていきたい
  • 副業としてコーチ業をやっていきたい
  • ビジネスのブランディング、マーケティングをサポートしてほしい
  • 一過性ではなく、ずっとビジネスサポートをしてくれるコーチングスクールを求めている
  • 自分の人生を導いてくれるナビゲーターと出会いたい
  • 共に歩いていける仲間と出会いたい
  • 会社や家庭、コミュニティーでコーチングを取り入れていきたい
  • コーチング技術を取得して自分の周りにいる困っている人を助けたい
  • コーチングビジネスで月に100万円以上の収益を上げたい

3つの特徴

オンラインプログラムによる自分のスタイルに合わせた時間・場所での学びができる

コーチによる毎日のフィードバック体制が完備されているため、モチベーションが継続できる

毎月の勉強会を通してメンターやコーチに直接質問ができ、素敵な仲間たちと出会える

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

    11月 2019
         1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    « 10月   12月 »