【ブログ】不思議だ。相棒とミスチルの桜井さんが目の前で一緒に歌ってる。

しげにいブログ
しげにいブログ
永松茂久
by 永松茂久
 
 
先週の土曜日。
 
僕は奇跡を目の当たりにした。
 
以前僕のメディアに出演してくれたユウサミイ。
 
そのときの音声対談はこちらから(サミイはこの音声でこの日の予言をしていた)。
↓↓↓
 
 
10年前出会い、感動の条件、心の壁の壊し方など、僕の動画の音楽を担当してくれたサミイが
 
ミスチルの桜井和寿さん
 
とコラボした。
 
 
100人も入らないライブハウスで
 
サミイと桜井さんが歌っている。
 
途中まで意味不明だった。
 
 
むかしとある先輩に言われたことがある。
 
あのな、山の頂点に行けば、みんなで会うようになってるんだよ。ミュージシャンもプロスポーツ選手も経営者も。だって山の頂上は面積が狭いからすぐに繋がるんだよ。たこ焼きでもなんでもいいから登ってこい。日本一目指して」
 
サミイもオーストラリアから日本に戻ってきて10年。
 
気がついたらミスチルの桜井さんと歌うまでになった。
 
そのサミイがアップしていた文章を一部拝借。
 
以下サミイ。
↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
21日、そして本日、22日。
 
何が起こっていたか、発表します。
  
抽選に当たり、目撃していただいた方も、もう情報解禁ですので、公開オッケーです。
    
MIFA クリスマススペシャル。
     
桜井和寿
ガクMC
きっとラット
ユウサミイ、
   
で、お送りしました。
   
桜井さん、実は、今回のライブ、司会進行(まじか!)
 
僕らも隠していたし、何も知らずにきたお客さんがほとんどだから、ライブ開始直後にステージに上がった桜井さんで、お客さんは狂喜乱舞。
 
サプライズ仕掛け人気分の僕ら出演者は楽屋で大ガッツポーズ。
  
だから、これがサプライズにできなくなってしまうから、昨夜の全行程終了まで情報は秘密だった。      
    
 
桜井さんが
 
「各出演者を自分が紹介したい」
 
って司会進行を自ら買って出てくれたわけなんだけど、
 
というか、このライブ自体桜井さん発信の企画だったのだけど、
   
僕の紹介では、かつてこれほど褒められた事ないような事言ってくれた。
 
「ずっとミュージシャンやってきて、おそらく同世代なのに、なぜ自分はこのユウサミイって人を知らなかったのだろうと、それが不思議だった」
 
と。
 
で、調べたらユウサミイはずっとオーストラリアに住んでたのだと、なるほどそれじゃ知らないわけだ、って思ったと(涙)
       
そして、ここ重要です。
 
桜井さん本人の口から、お客様に、
   
「日本最高峰の弾き語り」
    
とお墨付きをいただきました。
     
更に!
 
桜井さんは、僕のライブ中に、ゲスト、として、ギターを持って登場。
 
僕の
 
『I Believe』
 
ミスチルの
 
『Hanabi』
 
二人で歌わせてもらいました。
 
 
実はこの大事な時に風邪をひいて、声は絶不調。
 
でも、人間ってすごいなっていうか、火事場のなんとかいうのかなぁ、、僕は極めて冷静で、その中でできる最大のパフォーマンスができたと思います。
  
ギター1本でのほほんと聴かせる弾き語りの僕。
    
 
そこに桜井さんが絡んでくるっていう、とても面白いライブだったと思います。
  
 
最高だったー!
 
桜井さんといて本当に学ぶことは、
 
「本物は、決して天狗にならない」
       
どんなに才能があっても、結局は人間力だ、って思う。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
道は必ずどこかでつながっている。
 
そのことを実証してくれた相棒にお礼が言いたい。
 
サミイ、おめでとう。
 
ここまできたね。
 
そしてさらにここからが楽しみだね。
 
最高のステージをありがとう。
 
桜井さんの人間力に感動した。
 
あれこそステージメーカーだ。
 
またゆっくり打ち上げしよう。
 
 
相棒に勇気をもらった。
 
僕も登っていきます。
 
もっと前へ、もっと高みへ。
 
 
 
今日も読んでくれてありがとう。

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

    1月 2020
       1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31   
    « 12月   2月 »