【イベント報告】きずな1000人講演会、無事終了。動画アップにつき。

しげにいブログ
しげにいブログ
永松茂久
by 永松茂久

金曜日、新刊の見本が届いた。

きずな出版の小寺編集長と、この本の編集協力をしてくれた加藤道子さんと安田ナナさんと前祝い。

 

そして昨日。

きずな出版主催の1000人講演会。

 

ものすごいエネルギーだった。

きずなさんが作ってくれたダイジェストムービー。
↓↓↓

 

ありがたいことに満員御礼。

本が270冊も売れた。

新刊に関しては先行販売の数が足りなかった。

 

 

昨日のテーマは

「やっちゃえ30代!」

数年ぶりに僕自身が30代のはじめに

何をやってきたかという話をさせてもらった。

 

振り返ると僕の30代は斎藤一人師匠との出会いから始まった。

そこから陽なた家グループの福岡出店

道は開ける、感動の条件を皮切りに出版業務のスタート

一年で250件の場所を駆け回った講演活動

コーチングや出版スタジオの開始

そして知覧の桜まつり

など、そのつどそのつどを全力で取り組むことができたような気がする。

 

もちろんやってきたことがすべてうまくいったわけじゃない。

チャレンジしたことの9割は失敗に終わった。

 

でも1つ言えること。

それはチャレンジの数が多ければ多いほど、手に入る成功の数は増える

ということ。

 

例えば10回行動した人がいたとする。

勝率1割と考えると、9回が失敗で成功は1回。

でも1000回行動したら、結果は900回失敗したとしても100回の成功が手に入る。

それに加えて1000回もチャレンジすれば、人は必ずコツを覚えていく。

当然失敗の率が減り、勝率が上がる。

だからもっとたくさんの成功が手に入る。

ということは、行動したもん勝ちだ。

 

すべては

「やるか、やらないか」

が成功のカギになる。

 

こんなことを言ってなんだけど

やる人はどれだけ困難でもやるし、やらない人はどれだけサポートしてもやらない。

どっちを選ぶかはその人自身だけど、1つ言えることがある。

それは

「やる人生の方が絶対に面白い」

ってこと。

もちろんその過程の中で恥をかいたり痛い目を見ることだってある。

でもいつか振り返ったとき、それは必ず自分の糧になる。

 

 

「やっちゃえ、30代」

 

この言葉が笑ってしまうほど会場に飛び交った講演会だった。

そのみんなのエネルギーが270冊っていう結果につながったのだと思う。

 

人は20代でどんな生き方をしたかで30代が決まる。

30代でどんな生き方をしたかで40代が決まる。

 

その中でも人生の大半を決めるのは間違いなく30代だ。

その大切な期間を無駄にせずに大切に生きてほしいと願う。

 

さて、いよいよ11月21日、新刊リリース。

 

タイトルは

『30代を無駄に生きるな』

 

ちなみに今回のきずな1000人講演会(60分)の様子はメディアでフルバージョン動画を近々リリース予定。

 

40代もやっちゃおう。

 

いつも読んでくれてありがとう。

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

12月 2019
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 11月   1月 »