【メンターの教え かよ編その3】成長するために大切な5つの条件。

メンターの教え
メンターの教え
西山佳代
by 西山佳代

こんにちは。永松塾の西山かよです。前回の記事です。よかったら読んでください。
↓↓↓
【メンターの教え かよ編】どんなに足が遅くても、一人で走れば一等賞。

さて、ここからは続きです。

 

 

【メンターの教え かよ編その3 成長するために大切な5つの条件】

「できる。できる。できる」

メンターの教え通り、この言葉を口癖にするようがんばりはじめたとは言え、実際私が住んでいるのは京都府綾部市。

永松先生は東京都港区在住。

なんども不安が襲ってきては「できる」と言いながらまたかき消す。

そんな日常を過ごしていた。

 

「かよ、あのね、人が成長するには5つの条件があるんだよ。知りたい?」

数回目のコーチングのときにそう先生から聞かれた。

「もちろんです!お願いします」

「あはは。そう前のめりにならなくてもいいよ。楽に聞いてな。

まずね、1つ目は共に歩く仲間の存在

 

聞きながら1つずつノートにメモをしていった。

 

そして2つ目が継続できる仕組み。

3つ目が発表できる場所。

そして4つ目は人に伝えるという実践。

もちろんこの成長が生まれるためには

『まずは人を絶対に否定しない』

っていう空間が必要ってことは大前提だってわかるよね」

 

なるほど。だから永松塾は

「否定のない空間」

を約束事にしてるのか。

そう思った。

 

あれ?いつつ目は?

先生に質問した。

 

「これね、メンター役である俺がかよに直接言うのは恥ずかしいんだけど、いつつめが一番大切なんだよ」

「聞きたいです。遠慮なくお願いします」

「うん。わかった。いつつ目が一番大切かも。あのね、それは

『メンターやコーチとの接触頻度の高さ』

だよ」

「接触頻度…」

「そう。周りを見渡してごらん。例えば何かのお稽古事なんかをするときに、先生の近くにいる人って、他の人に比べて伸びが早くない?」

 

そう言われればそうかも。

 

「これには理由があるんだよ。例えば先生の近くにいると、先生の周りに集まってくる人たちの話も聞ける。他の人の体験も聞ける。当然だけどそこにいるだけで、周りからのチャンスにも恵まれる。だから伸びて当然なんだよ」

 

納得。でも少し不安がよぎった。

いくらメンターの近くにいても東京と京都。

しかも京都市内からさらに1時間離れた綾部市。

物理的に住んでいるところが遠い。学びにおいては恵まれない。

私のその気持ちに気がついたのか、先生はこう続けた。

 

「あのね、これって物理的な距離のことを言ってるんじゃないんだよ。『どれだけメンターの教えに触れたか』ってことなの。例えばいま俺は本を出してるし、音声配信もしてる。対面コーチングだってICレコーダーも許可してるだろ?これをどれだけ自分の中にインストールできるかってことなんだよ。毎回これなくても大丈夫だから無理なくいこうね」

 

そのとき思った。

いえいえ、無理します。

 

「距離が離れているから、忙しそうだから、お会いできないから」

そうやって、学べない理由を並べて

 

できない言い訳

 

にしたくなかった。

だって夢を叶えたいから。

 

それからというもの、ICレコーダーでコーチングでのやり取りの音声を撮らせていただいたものを、朝、家事をするとき、車で移動するとき、夜眠る前、いつでもどこでも聞けるようにした。

永松塾オンラインが発足され、毎週送っていただく

「学び舎チャンネル」や、DVDや動画を見て聞くことを習慣にした。

 

そんな日々の積み重ねからなのか、少しずつ変化が現れるようになった。

知らず知らずのうちに、クライアントに対してのコーチングのとき、先生の言葉が自然と自分の口から出るようになってきた。

 

先生のコーチングを受ける度に新たな課題をいただくことで、地元に帰って実践してまた報告しに行く。

できなかったことは相談させてもらい、また動く。

常に考えるよりも「どう動くか」を心がけた。

 

私が動く力を身につけられたのは

小さな成功体験や感動体験を重ねていくこと、

報告できる人(メンター、コーチの存在)がいてくれたこと

のおかげだった。

 

実践とメンターとの接触頻度の大切さ。

たくさんのクライアントにコーチングさせてもらえる立場になったいま、そのことがよくわかる。

 

ここを大切にする人たちが、どんどん伸びてくるのだ。

 

うまくいかなかった頃の私は、動く前に考えてしまい、なかなか行動に

移すことができなかった。

そうではなく、動いてから考えるということを実践する。

 

まずは行動してみること。

そして行動し続けていけば、その後にやり方や必要なものは自然と見えてくる。

いままでのやり方でうまくいかないのなら、その方法を変えればいい。

物事の本質って本当にシンプルなものだと私は思う。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

12月 2019
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 11月   1月 »