【生き方学】人間関係の悩みがスーッとなくなる方法。

永松茂久在り方学
永松茂久在り方学
永松茂久
by 永松茂久

昨日、おとといとリリースしたメンターの教え。

エリカ、かよ、りゅうぞう編。

たくさんのアクセスありがとう。

ここからもいろんな著者が出てくるからお楽しみにー。

 

【生き方学】人間関係の悩みがスーッとなくなる方法。

 

さて、今日はあなたが人間関係の悩みから抜け出す方法をお伝えしていこう。

ここを理解すれば、心が一気に軽くなる。

悩みの大半が減る。

そのためにも、まずしっかりと覚えておいてほしいことがある。

 

人は誰も自分の領域を持っている。

まずあなた自身のコントロールできる領域のことを

マイゾーン

相手にゆだねる部分、つまりあなたがコントロールできない他人の領域のことを

ユアゾーン

という。

そして間に引く線のことを

セパレートライン

という。

 

このセパレートラインを踏み越えて相手を動かそうとしたときに、相手は抵抗する。

その理由は自分の領域を侵略されてくることを、人は本能的に察知して防御するから。

日本のいたるところで、おそらく今日も仁義なき陣取り合戦が繰り広げられている。

マイゾーン、ユアゾーン、そして境界線となるセパレートラインを知らないから、無用な悩みが延々と生まれ続けるのだ。

これはけっこう悲劇だと思う。

 

人間は感情の生き物。

例えば親子。

例えば夫婦。

例えば恋人。

例えば友人。

愛あればこそ、相手に良くなってほしいがゆえに、このセパレートラインを踏み越えてしまうという悲しい性が人間にはある。

近づきすぎるからこそ、主導権の奪い合いが始まるのだ。

そしてそのとき、心の根底には、

 

「相手を思いどおりにしよう」

 

という思惑が潜んでいる。

そもそも相手は相手の都合で、自分のマイゾーンの中で生きている。

人が思いどおりに動いてくれれば自分は幸せになれるというのは、言い換えるとそれは

幸せを相手にゆだねる

ということとイコールになる。

これはある意味、ギャンブルだ。

よくよく考えるとあまりにも危険な賭けなのだが、世の中は圧倒的大多数がこの見えないギャンブルの虜になっている。

 

「自分はこんなにしてやったのに」

「こんなにあなたのことを思ってがんばってるのに」

 周りが認めてくれないときや、分かってくれないときこんな思いになることがある。

「自分は自分、人は人」と割り切ることができないかぎり、延々とこの悩みから抜け出すことはできない。

 

例えばあなたが人に喜んでもらおうとがんばったとする。

あなたができることは実はここで終わりなのだ。

それを相手がどう捉えるか、どう反応するかは相手の領域の問題。

 

あなたががんばったことは、あなたの領域の問題、つまりマイゾーン。

そして相手がどう捉えるかは、相手の領域の問題、つまりユアゾーン。

 

いくら親が子供に

「勉強しなさいー!」

と言ったって、子供自身が自分の心の中で「イエス」と言わない限り、絶対に勉強はしない。

親ができるのは、子供が勉強する環境を整えることまで。

やるかやらないかを最後に決めるのは子供自身の問題。

「やらない」と決めて、それでどんな人生になろうが、結局その問題は子供の領域だ。

 

親ができる最大限のことは「やらない」という結論を出したとしたら、その先にどんな人生になる可能性があるのかを伝えることまで。

それは親であるあなたのマイゾーンの範囲だから。

 

うまくやる気にするために、あえて人参を吊るすのももちろん親のマイゾーン。

でもやるかどうかは子供自身のマイゾーン。

 

こう考えると、いろんなゾーンが見えてくるはず。

 

例えば今一緒にいる人が機嫌が悪いのは相手のゾーン。

だから、相手に合わせてあなたまで機嫌を悪くする必要はない。

明るくいけばいい。

「冷たい」と言われたって、あなたがどう生きるかはあなたのゾーン内での問題なのだから。

 

クールなようだけど、しっかりとそのセパレートラインが見えていないと、悩みのスパイラルからは抜けられない。

 

もちろん人間だから、同情もするし、一緒に悲しんだりすることだってある。

でもここで大切なのは、あなたが自分自身の人生をしっかり生きること。

自分の領域でできるところまでの全力を出して、相手をサポートすればいいのだ。

 

こうして「ゾーンの区分け」をはっきりと自覚し、人生は自分の責任と思えば人間関係の悩みは一気に解消していく。

相手のゾーンに踏み込んで悩むくらいなら

コントロールできるマイゾーンのことを一生懸命やろう。

それが一番悩みから解放される方法だから。

 

今日も読んでくれてありがとう。

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

    1月 2020
       1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31   
    « 12月   2月 »