【在り方】歳を取る生き方か輝く大人であり続けるか。

永松茂久在り方学
永松茂久在り方学
永松茂久
by 永松茂久

 

来年の春あたりに40代向けの本を書くことになった。

その企画会議の中で不思議に思ったことがある。

これはあくまでも僕の気のせいかもしれないけど、30年前の40代より、いまの40代のほうが若く見えるのは気のせいだろうか?

「子供から見れば一緒だよ」

と言われるかもしれない。

でも確実に人類はどんどん若くなっていると思う。

 

これはもちろん化粧や美容技術の進化もあるかもしれない。

でも大きな要因は

「呼ばれ方から生まれるセルフイメージ」

にあるんじゃないかな。

 

今の時代は僕たちが子供の頃より

「おじちゃん、おばちゃん」

と呼ばれている人の数は昔より格段に減った。

それどころか、何歳になっても「〜女子」「〜男子」とそう呼び合っている人はたくさんいる。

 

そう呼ばれることで、いつまでも若くいたいと言う願いがあるのかどうかは定かじゃないけど、僕はこれは個人的には大賛成。

 

若い名称で呼ばれると意識が変わる。

意識が変わると脳の活動が活発化する。

当然刺激を受けるから若くいられる。

 

 

「どう呼ばれるか?」

も大切だけど、いちばん大切なのは

「自分が自分をどう思ってるか?」

ということ。

本当は何かにチャレンジしたいにもかかわらず、つい

「やりたいけどもう歳だし」

という言葉を言い訳にしてないだろうか?

 

 

昔なかっただろうか。

「もう歳だしがんばったって所詮人生なんて」

というおじさんに対して

「あんたみたいにはなりたいくない」

と思った経験が。

 

たしかに年齢を理由に言い切ってしまえば、やらない言い訳にはなる。

しかし、この言葉を使うことによって、人はどんどん老いていく。

無意識に使う言葉というのは、それだけ潜在意識に対して威力を持っているのだ。

 

人間は環境の生き物だ。

どんな場所で、どんな言葉を使い、どんな人に囲まれるかによって、ただ年老いていくのか、ずっとキラキラした大人の少年として生きていくのかが決まる。

自分をまだまだこれからだと思うことで、人としての面白みや躍動感、心のゆとりや外から見える輝きが増してくる。

「まだまだこれから」

世の中には90歳近くでインスタグラムを使いこなして、自分のオリジナル展覧会を開いてしまう、とんでもないおばあちゃんがいるかと思えば、30代や40代そこそこで、生きる化石のようになってしまう人だっている。

気の持ちようとはよく言ったもので、自分をどう位置づけるのかで人の未来は全く違ったものになる。

 

「もう歳だし」。

この言葉を

「まだ若いし」

という言葉に言い換えてみる。

「ここまでかな」

「ここからだ」

に変えてみる。

 

無意識にこの口癖を習慣化することによって、あなた自身のセルフイメージは大きく変わる。

どこにでもいる人生より、せっかくもらったこの命をとことん面白おかしく使って死んでいく。

そのほうが得だ。

 

今日も読んでくれてありがとう。

concept

このサイトは、
ビジネス書のミリオンセラー作家永松茂久が人生のヒントになるメッセージ「生き方論」を
よりホットにお届けするオフィシャルオウンドメディアです。
時に言葉で、時に動画で、「今伝えたいこと」を 配信しています。
お風呂で電車で「気軽にアクセスできる憩いの場」
まさにウェブバージョンの翔ルーム※1です。

SERVICE

EVENT

    1月 2020
       1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31   
    « 12月   2月 »