知覧for you研修

70年前、時代の波に逆らえず、大切な人を、そして日本の未来を守るために沖縄に向けて特攻隊が飛び立った場所、鹿児島知覧。永松は今から14年前、27歳のときから知覧に通い、そして自分を奮い立たせてきました。その活動から、毎年春に全国から400名の若者が集まるリーダー研修である、知覧研修さくらまつりが生まれ、昨年2014年に「人生に迷ったら知覧に行け」を出版し、現在は知覧富屋食堂ホタル館の特任館長をつとめています。歴史を検証して評論することよりも、平和や日本の発展に夢をかけていった、かつての特攻隊の意志を引き継ぎ、「自分がいかに人の役に立っていくのか」を明確にするために生まれたのが、この知覧for you研修です。一泊二日の泊まり込みで、知覧の語り部の話を聞き、現地をまわり、平和会館の遺書を見る。そして夜はそれぞれの誓いを深めていく夜なべ談義、そして翌日は永松本人の講演、そしてそれぞれの誓いを発表する出航の儀など、この知覧でしか体験することのできない研修です。働く意味、生きる意味、人の役に立つ意味、参加者一人一人の心の奥底に秘められたモチベーションを発見する、この日本で永松一人にしかできない特別研修です。