成功の条件―「人」と「お金」と「選択の自由」

「これはあなたの未来の物語、成功を贈る」というフレーズから始まる、銀座のバーを舞台に展開される非常識な成功論。「読んでくださる方が、まるで自分が主人公になったように感じることができるには?」そう考えた結果行き着いたのが、ストーリー形式の小説仕立てというスタイルでした。しかし、この物語の特徴は単なるフィクションではなく、「実話を元にした感動の物語である」ということです。フィクションはイメージだけで終わります。しかし、実在の人物、実在の店をモデルにすることで、いつの日か読んでくださった方がその場所を実際に体験できるとしたら?そんな未来実現の思いも込めています。そしてもうひとつ本書を作る時に心がけたことがあります。それは、「いかにリアルに描くことができるか?」ということ。綺麗事ではなく、本当に読んでくださるあなたの役に立つのかを登場人物のセリフに込めました。「あ、こんな考え方があったのか!」「なるほど。そう言われればそうだ」とあなたの心の奥深くに訴えかけるメッセージがちりばめられています。あなたがその物語の主人公になって成功の疑似体験をし、それがやがて現実になる。そんな願いを込めた、僕の本気で本音の一冊です。