• 言葉は現実化する: 人生は、たった”ひと言”から動きはじめる

  • 永松茂久コメントを読む
  • Coming Soon!!
  • 幻章ダウンロード
  • いい男論 〜本物と呼ばれる人は、何を大切にしているのか?
  • 発売日: 2017/2/20
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • ¥1,490

  • どんな人でも心の中に「いい男像」を宿している。 それは、ある人にとっては、自分の上司や先輩といった身近なロールモデルか もしれない。 また、ある人にとっては、芸能人やスポーツ選手、歴史上の偉人といった遠い 存在かもしれない。 もしくは、「一本筋が通った男」といったように、自分のあり方や美徳を守る 男に憧れる人もいるだろう。 「いい男」とは、こうした理想像を現実社会で体現している男たちや、道半ばであったとしてもそういった理想を追いかけている男たちのことである。
  • 自分を変える技術
  • 発売日: 2016/12/15
  • 出版社: 毎日新聞出版
  • ¥1,728

  • 著作累計70万部を突破、前作『成功の条件』はたちまち30000部を超えるなど、自己啓発分野のベストセラー作家・永松茂久氏が今一番伝えたかったテーマで書き下ろす渾身の一冊。 浮かない日々に別れを告げて、望み通りの人生を送るには。 著者自身が経験した感動的なエピソードを交え、自分をどのように変え成功に導くための独自の黄金律として7のミッションを提示。 1冒険への招待状を受け取る 2成功への地図を描く 3「恐れ」という敵と向き合う 4師匠を持つ 5成長できる環境と仲間を手に入れる 6自己投資と学びの方法を知る 7自分の中の敵を倒して次世代の英雄になる これで必ず、あなたの未来は開ける!
  • 成功の条件―「人」と「お金」と「選択の自由」
  • 発売日: 2016/6/24
  • 出版社: きずな出版
  • ¥1,728

  • 「いまのままじゃ、いつまでたってもうまくいかないよ。君の失敗は僕が保証する」 ある成功者にそう宣告された青年が、学びながら成長し続ける姿を追うストーリー本。 その成功者はこう言いました。 「成功する人間はたった1つのある条件を持っている」――と。 「ある条件」とは一体何なのか? 果たして主人公は「成功」を手に入れることができるのか? 物語を読み進めながら、「お金」「人間関係」「ゴール設定」「セルフイメージ」など、 充実したコンテンツを学べる、感動の一冊。

「これはあなたの未来の物語、成功を贈る」というフレーズから始まる、銀座のバーを舞台に展開される非常識な成功論。「読んでくださる方が、まるで自分が主人公になったように感じることができるには?」そう考えた結果行き着いたのが、ストーリー形式の小説仕立てというスタイルでした。しかし、この物語の特徴は単なるフィクションではなく、「実話を元にした感動の物語である」ということです。フィクションはイメージだけで終わります。しかし、実在の人物、実在の店をモデルにすることで、いつの日か読んでくださった方がその場所を実際に体験できるとしたら?そんな未来実現の思いも込めています。そしてもうひとつ本書を作る時に心がけたことがあります。それは、「いかにリアルに描くことができるか?」ということ。綺麗事ではなく、本当に読んでくださるあなたの役に立つのかを登場人物のセリフに込めました。「あ、こんな考え方があったのか!」「なるほど。そう言われればそうだ」とあなたの心の奥深くに訴えかけるメッセージがちりばめられています。あなたがその物語の主人公になって成功の疑似体験をし、それがやがて現実になる。そんな願いを込めた、僕の本気で本音の一冊です。

  • 悩まない力: メンタルが強くなるポジティブのトリセツ。
  • 発売日: 2015/10/29
  • 出版社: 徳間書店
  • ¥1,512

  • 「どうすればもっとうまくいくんだろう」。そんな悩みを抱えて不安な毎日を過ごしている人は多いはず。しかし、あなたが感じている不安の9割は、まったく不必要なもの。いつも楽しそうにしている人や成功者たちは、悩まないのではなく、不安を克服して心をうまく立て直す術を知っているのです。60万人に勇気を与えた超人気メンタルトレーナーが教える「悩まない力」を身につければ、不安に囚われない、自由で涼やかな毎日が待っています。

パーソナルコーチングを始めてから、約10年。たくさんの人が悩みを抱えて僕のところに来てくれました。その経験の中から生み出した、悩みを抜け出すための、根本的な問題解決のアプローチについて深く書いてみました。断言できます。あなたの悩みの9割は、実は必要ありません。この本であなたの大切な時間を悩みに使うのではなく、もっともっと自由な人生を送っていただきたい、そんな思いを込めて書きました。僕自身の過去の経験、そして気づきもエピソードとして、最終章に入れましたので、お役に立てるとうれしいです。無駄な悩みを捨て、今のあなた自身を越えていってください