大名陽なた家6歳!

2010年5月14日、僕たちは福岡市の天神のとなり町、大名に陽なた家を出店しました。

 

感謝祭2

 

 

大名オープン集合

↑2010年5月14日、大名陽なた家始動!

 

陽なた家本店をオープンさせてからちょうど7周年の日でした。

 

この店は、コンセプトが陽なた家本店、そして業態は同じ中津の商店街に作った居酒屋「夢天までとどけ」と同じものにしました。

 

 

大名最初ファサード

↑初期

 

改装図面

↑「3周年を機になんかしよう」と盛り上がりで決まった改装計画

 

大名改装エントランスお祝い

↑変身。

 

大名改装集合写真

改装オープン!

 

大名たちあげ

↑大名創業メンバー

 

スタートは飲食店ど素人の青木一弘を店長にし、そして19歳で熊本からでっち奉公にきた林田大史を副店長、そして一応責任者として僕。

 

改装かずひろ

↑初代店長の一弘(現専務兼永松茂久事務局長)

 

 

準備の頃から同じマンションに3人で合宿をしながらのスタートでした。

 

「福岡の一本桜になる」と決めて店内には桜を入れました。

 

ひなさくら

↑大名桜

 

あれから6年、この店が、僕たち陽なた家グループの福岡センター店に成長しました。

 

この大名陽なた家を中心として、同じ通りの80メートルの中に、水炊きの陽なた家茂虎、ラーメンの博多屋台幸龍、焼肉蓮、そして陽なた家出版スタジオが生まれました。

 

全国から来てくださるお客さんも中津から大名に移っていきました。

 

そして大名にもたくさんの仲間ができました。

 

改装あつし

↑あつし、しょういち

 

改装こうじ

↑こうじ、蓮

 

改装こうじはたらく

↑ロングカウンター

 

改装カウンター

↑店内

 

「大名は入れ替わりが一番激しい場所」

「半年持ったら3年続く」

 

と言われる激戦区です。

 

実際に大名陽なた家を作ったこの物件は、僕たちが出店する前、10年の間に8回も看板が変わった鬼門でした(そのことを知ったのは出店したあとでした)。

 

その場所で6周年を迎えることができたのは、本当に支えてくださる方がたくさんいてくださったおかげです。

 

大名集合ちびふくむ

 

中津、福岡これからも力を合わせてがんばっていきますので、どうぞよろしくお願い致します。