自分商店という考え方


 

 

「会社なんて、労働者から搾取する存在ですよ」
「自分のためなら頑張れるけれど、会社のためというのは無理」
自分が勤めている会社を愛せずに、資本主義を悪の権化のように考える人が最近多い。でも僕は、会社を愛することや会社のために頑張るというのは、すごくいいことだと思っている。

誰よりも会社のことを思うということは、誰でもなく、自分自身のための大きな出世要因なのだ。そもそも給料を受け取っていながら会社を悪く言うのは、会社に依存している証拠だ。
独立心をもって組織の中で「自分商店」を経営しているのだと考えれば、上司も社長も大事な取引先なのだから。

「自分商店」が取引先からいい仕事を請け負い、高い支払いを受けたいなら、価格以上の価値ある商品を納めること。特に若い頃は、これより他に上に行く方法はない。わかりやすく言えば、「もらっている給料以上の働きをする」ということです。

たとえば、あなたが毎月30万円の給料もらっていて、25万円の働きしかしなかったとしたら、あなたは5万円分のラクをしていることになる。

会社は5万円の損をしていることになるから、あなたが5万円の得をしているようにも思えるかもしれない。

しかし、これは会社にしてみれば、飲食店で値段に見合わないマズい料理を食べさせられたようなもの。見合わないお金をとられた店に、人は二度と足を運ばない。コスパを人はしっかりとジャッジする。

 

 

これと同様に、会社はあなたに二度といい仕事をまわそうとはしない。

「あそこは最低な店だ(あいつは最低なヤツだ)」

と思われてしまうだけだ。

逆に、30万円の給料もらって40万円の働きをしたら、会社に毎月10万円の得をさせていることになる。
会社に得をさせることは自分が損をすることなのかと言ったら、決してそんなことはない。会社に得をさせるような人間は、会社からも世間からも一目置かれる。

 

そうした人を会社が放っておくはずはなく、出世させようと思うのは当たり前。
会社に得をさせた人間は、やがて会社から大きな得を与えられるのだ。

難しく考えることはなく、会社にも上司にも「フォー・ユー」で動く。

それは一見、要領の悪いことのように見えるけれど、長い目で見れば、とても頭のいい方法なのだ。