聞きすぎない

先日、僕が仕事でコンサルティングをしている人から連絡があった。

とある商品開発事業で町を歩く人に、

「どんな商品がほしいか?」

というニーズの掘り起こしアンケートを取ったら、ほしいものがバラバラでまとまらなくなったと相談に来た。まじめな人ほど、このアンケート作戦をやって頭を悩ませる。

 

僕はアンケートをあまり当てにしない。商売でも何かを「やる」と決めるのに、始める前からなるべく人に聞かない。

 

なぜか?

 

聞くと人はその場でものを考えて、いろいろ言うからだ。残念ながら、アンケート作戦で人のニーズは見つからない。だから、お客さんには聞かなかった。ニーズというのは、人の何気ない会話から拾って商品開発をする。そして、

 

「あなたのほしいものはひょっとしてこれじゃないですか?」

とその商品を提示したときに、「そうそう、これだよ。僕がほしかったのは」というのがお客さんだ。

 

いかに会話を注意深く拾い、その言葉のデータからニーズを発見するのがプロの仕事だ。

僕は優等生じゃなかったから、あんまりたくさんの人に聞いてものごとを決めなかった。どちらかというと、相談する人は絞り込んでいた。その道のプロたちだ。

一番言いたかったこと。

 

悩みやすい人は周りの意見を聞きすぎる傾向にある。

合わせるのもほどほどに。

 

ある程度のところで見切りをつけて、自分の勘と日常のデータを集めて自分の道を歩くんだ。

僕たちはいつまでも悩むために生まれてきたんじゃない。