いい出会いが集まる思考の作り方

 

 

こんばんは。永松茂久です。電車の運転見合わせで、今日も鹿児島にいます。

フェイスブックにも書きましたが、今日は僕の大切な兄貴分の命の勝負の日でした。無事終わりほっとしてこの文章を書いています。

 

昨日、21時26分。また悲しい出来事が起きました。

震度7の熊本地震。

九州では1923年からの観測開始至上初の出来事らしいです。

1日も早い復旧、そしてこれ以上犠牲者が出ないようお祈りするばかりです。

 

では今日も書かせていただきます。

 

昨日は、

 

「あなたにいい出会いをもたらすのは言葉である」

 

と書きました。

この言葉について、もうちょっと深く掘り下げていきたいと思います。

昨日書かせてもらった言葉、これは

「自分が発信するもの」

という観点でお伝えしました。

 

この「自分が発信する」という以上に威力があるもの。

それは

 

「自分が受信する言葉」

 

です。

 

受信で一番メインとなるのは聞く言葉です。

 

「どんな言葉を聞くかで考え方は大きく変わる」

 

これはとても大切な真理です。

聞くことは学びのナンバーワンと言っても過言ではないでしょう。

 

僕は講演や出版を通して、聞く言葉の重要性をずっと伝え続けてきました。

こうして文章を書けるようになった今、

 

「一番役に立ったことは何か?」

 

と聞かれれば、即座に

 

「音声を聞いたこと」

 

と答えます。

 

 

shigekouenjinzai

 

 

僕は20代の頃から、マスター(師匠)のお話を必ず録音させてもらう習慣がありました。

何度もなんども聞き返さなければ忘れてしまうことが録音のきっかけだったのですが、その音声を繰り返し聴いていくうちに、無意識に自分が教えてもらったそのマスターの言葉を自然と話している自分に気づくようになりました。

その教えを上手に伝えることができるようになるに比例して、スタッフたちに対する話の響き方が面白いように変わってきたことを、昨日のように思い出します。

 

さて、今日も覚えておくととても役に立つ人間心理をお伝えします。

 

「人は聞いた言葉の頻度の高い順に、そして頭の中でリピートした頻度の高い順に思考をつくっていく」

 

ということです。

もっとシンプルに言うと、

 

耳にした回数の多い言葉を信じ込むということです。

 

 

kodomomirai

 

 

「あなたはダメな子ね」と言い続けられると、「僕は(私は)ダメな子なんだ」と信じ込むようになります。

 

「あなたはできる」と言われると、「自分は必ずできる」と思うようになります。

 

周りにネガティブな言葉を発信する人が多ければ、思考はネガティブになりますし、周りが前向きな言葉を発信する人が多ければ、当たり前のように前向きな人間になっていきます。

 

このアプリの文章を読んでくださっている方は、どう考えても20代以上。

社会人が中心ですからはっきりと言います。

あなたはもう、子供の頃と違って、周りの環境をもう自分自身で決めることができる年齢になっているのです。

 

「自分の思考を作る要素、影響を受ける言葉を自分で選ぶことができる」

 

ということを知ってほしいのです。

 

発信の元になるのは、まず受信から。

どんな言葉を聞くかで自分が発信する言葉が変わります。

そしてその発信するあなたの言葉で、いい出会いを引き寄せるのか、いい出会いを遠ざけるのかが決まってくるのです。

 

できる限りいい言葉を聞いてください。

そしていい思考を作ってください。

いい思考がいい出会いを引き寄せます。

 

明日は「あなたがいい出会いを引き寄せる方法」の三つ目の要素。

「目にするもの」について書きたいと思います。

 

大変なことが起きている期間ですが、その状況の中でも、あなたが強く生き、そして周りの灯りになることを祈って、今日のアプリを終わりにしたいと思います。

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

今日のポイント…「聞く言葉」をジャッジする