波長の法則

 

 

 

例えば同窓会などで、以前までとても仲良かった友達と久しぶりに会ったとき、

どうしても話が噛み合わなかったり、話をなんとか合わせたりしても

どうしても昔のように楽しむことができず違和感を感じた経験はないでしょうか?

 

学生のころ付き合っていた人と、社会に出てお互いの環境が変わって

別れてしまった経験はないでしょうか?

 

本を読んだり、セミナーで自分が何かを学んで言葉の重要性を学んだ後、

それまで普通に話していたはずの仲間の後ろ向きな発言が

妙に耳につくようになった経験はないでしょうか?

 

人にはそれぞれの考え方が生み出す周波のようなものがあります。

これを一般的に「波長」と言います。

 

「あの人とはウマが合う」

 

と僕たちも無意識に波長のことを言葉にしていますが、

これは電波と同じく目には見えないが確実に存在しています。

 

簡単に説明すると、環境が変わると、人の考え方や成長スピードが変化し、同時にその人の行動が変わりはじめるのです。

 

いいことをやれば当然自分のステージが上がり、なまければステージは下がる。

どちらにしてもその空気が合わない人間が抵抗し、お互いのズレが埋まらないときは、自然と別れが生じてしまう。悲しいですが、これは鉄則です。

 

同じ波長の人同士が引き寄せ合い、出会う。

それを実証するこんな実験があります。

 

一つの部屋の隅とその対角線上の隅に一台ずつギターを置きます。

そして片方のギターの弦を弾くと、

なぜか逆側のギターの弦が勝手に振動し始めるのです。

 

これを共鳴現象と言う。

考え方の似通ったもの同士は共鳴し合って出逢うようになっているのです。

 

 

ということは、一生懸命がんばってる人間は、一生懸命がんばる人間と集まりますし、成功している人は成功している人と集まります。

愚痴っぽい人は愚痴っぽい人と自然と集まるようになっているのです。

 

これが波長の法則です。

 

そして、これはどちらかの成長速度が速かったり遅かったら不思議とまたズレてしまいます。

 

あなたにもし、愚痴も言わず一生懸命前を向いてがんばっているにもかかわらず、周囲とズレが起こっているとしたら自分自身が成長している証拠なのだと自信を持ってください。

 

人に好かれることは重要ですが、

無理に周りの都合や考え方に合わせすぎることに気を使いすぎて、

大事なあなた自身の人間の成長を妨げてしまうのもおかしな話です。

 

本当にあなたの夢をかなえ、あなたとともに成長してくれる人たちに

好かれることが成功するには重要なことなのです。

 

 

さあ、マインドセットが整ったところで

「成功者への準備をするための6つの大切なこと」

に入っていきましょう。