本物の男の条件

 
 
 
先週末、琵琶湖のほとりで1組の夫婦が誕生しました。
 
 
いままで数多くの結婚式に参列させていただきましたが、ここまで感動した結婚式は初めてでした。
 
 

 
 
なにに一番感動したかというと、新郎の愛と覚悟でした。
 
新郎の岩永真吾。
 
永松塾の塾生であり僕の大切な弟分。
 
 

 
 
「大切な人を大切にするfor youの気持ちを持つこと」
 
8年前、僕が彼に教えたことを、今回の結婚式を通して逆に彼から教えてもらいました。
 
本物の男とは何なのか?
 
世の中には凄いことを平気でやってのける男がいます。
 
しかしそれだけが本物の男ではなく、派手さはなくても大切な人を心の底から幸せにする覚悟を持ち、それを実践している男も本物だと思うのです。
 
もうひとつの嬉しかったこと。
 
それは塾生たちが30人も来てくれていたこと。
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
そしてそのメンバーたちが一人一人の役割に徹し、とことん真吾と新婦のりさのことをお祝いしていた姿を見れたことでした。
 
真吾の人望はすげえなー。
 
あらためて真吾、りさ、本当におめでとう。
 
お母ちゃんもリキにいも天国でめっちゃ喜んでくれてたと思う。
 
命名会議楽しみにしてるよ。
 
 

 
 

 
 
塾生のみんなもお疲れ様でした。
 
みんながずーっと幸せでありますように。
 
感謝。
 
 
追伸。琵琶湖のほとりを5キロほどウォーキングしてみました。
 
あの景色と空気は一生忘れない。
 
必ずまた歩こう。