突然届いた母からの手紙

 

 

母の初盆スタート。全国からたくさんの人たちからメッセージ、ご仏前をいただいてます。実家はありがたいことにたくさんの方々のご訪問で、もっか大フィーバーです。本当にありがとうございます。

 

 

IMG_6968

 

 

今日、父が一冊のノートを僕のところに持ってきました。

 

「茂久、母さんがおまえに手紙書いてたぞ。今日の朝、見つけた」

「手紙??」

「おう。遺品整理してたら見つけた。ほら」

 

母の死から約3ヶ月経ち、だいぶ落ち着いてきたつもりだったのですが、久々にこれを見て涙が出てきました。

 

自分の振り返りのために、この場をお借りして内容を書きます。

 

 

茂久への遺書

 

 

《茂久へ》

 

お母さんを選んで生まれてきてくれてありがとう。小さい時、体が弱かったけれど、だからこそがまん強い子になってくれてありがとう。いっぱいあなたに支えてもらったね。優しくて頼り甲斐がある、きっとあなたの中でも辛いことがいっぱいあって、苦しみながらも乗り越えてきたから今があるのよね。

 

小さい時、お母さんが厳しすぎて、歩いて少林寺まで行かせたよね。田んぼの中を歩きながらのあなたの小さな背中が今も、申し訳なかったと思います。

 

今、いっぱい楽しませてくれてありがとう!

 

自分の夢をあきらめず、ここまで来てくれたからお母さんたちも楽しいよ。今度みたいな辛い時(病気のこと)、お父さん、お母さんもどれだけ助けられたかわかりません。今もまだその途中です。

 

落ち込みそうになった時、必ずどこで気づくのか、覚悟をくれますよね。不思議です。あなたがいなければ、今の状態では絶対ありません。

 

茂久の「大丈夫だから!」と言ってくれる言葉は最高の癒しであり元気になります。ありがとう。

 

そして素直にお父さんの偉大さを感じているあなたはすごい。

 

絶対、日本一のメンタルコーチになるよ。

 

そのためにお母さんは元気になります!!

 

ありがとう!!お母さんの子であることに感謝します。

 

いっぱい元気にしてくれてありがとう。

 

フォー・ユー。ここが私の向かうところ!!

 

2015年9月5日 たつみ

 

 

去年の7月から約11ヶ月。病気が見つかってから、母と二人三脚で闘病生活をしました。僕はただ近くで手伝うだけでしたが。ありったけの知識を使って、母のメンタルコーチングをしましたが、なかなか母を元気にできませんでした。しかし、この手紙で少しだけ心が軽くなりました。

 

 

最後のページに母が書いた言葉。

 

感謝ノート 日付

してもらったこと 一冊 書く

させてもらったこと 一冊 (引っ張り出してくれた人が神様)

役に立たせてもらったことに感謝

 

そしてその中に書いてあった言葉。

 

「息子を日本一のコーチングトレーナーにする」

「フォー・ユー。ここが私の向かうところ!」

 

母の夢 縦

 

 

新しい夢ができました。母がくれた夢。母の夢。母とともに叶える夢。

 

母さん、ありがとう。俺、がんばるわ。日本一目指してみるよ。

 

 

生まれた日

 

 

「ずっとそばにいる」

 

なんかそう言ってもらった気がしました。センチな言い方になるかもしれませんが、「一緒にいてくれる」、そう思えたことでまた一つ前に進むことができそうです。

 

今日、福岡から中津に帰る渋滞の高速の道中で、約4時間、最近の僕を支え助けてくれているとても大切な人と話をしました。「大丈夫だよ」。道に迷いそうになったとき、この一言は本当に前に進む力になります。

 

次は僕がエールを送る番。

 

よし、前に進もう。

 

母の夢だった日本一のコーチを目指して。

 

IMG_5969

 

IMG_5721 (1)

 

 

身内ごと、自分ごとをこうしてアップさせてもらったこと、お詫び申し上げます。そして読んでくださった方、ずっと応援してくださっている方に心から感謝します。

 

長くなりましたが、読んでくださってありがとうございます。

 

楽しい盆をおすごしくださいね。

 

ではでは。